<< 【ヴァイスシュヴァルツ】制限改定について | main | Robotics;Notes >>

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

【遊戯王】『ゲートHERO』【2012年9月制限仕様】

遊戯王 2012.09.29 Saturday あっちょ

モンスター(12枚)
《E・HERO アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》
《E・HERO エアーマン/Elemental HERO Stratos》
《E・HERO オーシャン/Elemental HERO Ocean》*2
《E・HERO ネオス/Elemental HERO Neos》*2
《E・HERO プリズマー/Elemental HERO Prisma》*3
《E・HERO ボルテック/Elemental HERO Voltic》
《ペンギン・ソルジャー/Penguin Soldier》
《フォトン・スラッシャー/Photon Thrasher》

魔法(18枚)
《E−エマージェンシーコール/E - Emergency Call》*2
《大嵐/Heavy Storm》
《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》*2
《サイクロン/Mystical Space Typhoon》*3
《死者蘇生/Monster Reborn》
《増援/Reinforcement of the Army》
《超融合/Super Polymerization》*2
《フュージョン・ゲート/Fusion Gate》*3
《ミラクル・フュージョン/Miracle Fusion》*3

罠(10枚)
《神の警告/Solemn Warning》*2
《神の宣告/Solemn Judgment》
《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》*2
《ヒーロー・ブラスト/Hero Blast》*3
《聖なるバリア−ミラーフォース−/Mirror Force》*2

エクストラデッキ
《E・HERO アブソルートZero/Elemental HERO Absolute Zero》*2
《E・HERO エスクリダオ/Elemental HERO Escuridao》
《E・HERO ガイア/Elemental HERO Gaia》
《E・HERO Great TORNADO/Elemental HERO Great Tornado》
《E・HERO The シャイニング/Elemental HERO The Shining》*3
《E・HERO ジ・アース/Elemental HERO Terra Firma》
《E・HERO ネオス・ナイト/Elemental HERO Neos Knight》
《E・HERO ノヴァマスター/Elemental HERO Nova Master》
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン/Chimeratech Fortress Dragon》
《H-C エクスカリバー/Heroic Champion - Excalibur》
《輝光子パラディオス/Radiant Photon Paradios》
《ダイガスタ・エメラル/Daigusto Emeral》

サイドデッキ
《増殖するG/Maxx “C”》*3
《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
《トラゴエディア/Tragoedia》*2
《フォッシル・ダイナ パキケファロ/Fossil Dyna Pachycephalo》*2
《超融合/Super Polymerization》
《ソウルドレイン/Soul Drain》*2
《マクロコスモス/Macro Cosmos》*2
《魔のデッキ破壊ウイルス/Deck Devastation Virus》*2


  ◆


 制限改定のおかげでゲームスピードが低下したので、構築テーマを一新。
 ちょっとゆったりしたスピードで、そしてなおかつ高パワーを叩きだせるというデッキ内容。
 まだまだ考え中のデッキだけど、一応記事にしてみる。
 
【改定前との変更点】
●《カードカー・D》の不採用
 環境の変化により、そこまでパーツを素早く集めなくても良くなったのが理由。
 でも、積みたいのも正直なところ。
 今のところ積まなくても機能はしているから、不採用のままで。

●《ペンギン・ソルジャー》の採用
 水属性枠で、致命的なモンスターの除去に一役。
 《ナチュル・ビースト》や《ヴェルズ・オピオン》など、出されただけでデッキが機能しなくなるモンスターの対策。
 アブソルートZeroの素材にもなってくれるから、無理な投入ではない。
 この枠は環境次第で《サイバー・ドラゴン》になるかもしれない。

●《死者蘇生》採用
 以前は「いらない」宣言をしていましたが、未来融合が禁止になったことによる墓地肥やしのスピード低下。
 そしてそれをカバーするかのごとく投入したのが《死者蘇生》です。
 とは言っても微妙な一枚。

●《H-C エクスカリバー》の採用
 枠が空いたから、としか言いようがない。枠が開けれるようになったのは《輝光子パラディオス》のおかげです。
 やっぱり、なんだかんだ言ってエクスカリバーは強かった。

●《輝光子パラディオス》
 新カード。高かった。1980円で購入。
 でも、値段に見合うだけの能力をコイツは持っている。
 《ナチュル・ビースト》や《ヴェルズ・オピオン》の効果を止めて融合HEROの展開サポートや、破壊耐性持ちもエクシーズモンスターの対処など。
 こういうHEROの様な、エクシーズではないモンスターで大型モンスターを展開をするデッキの救世主とも言えるようなカード。
 素材を二体消費という点も、《ミラクル・フュージョン》のサポートになっていると思います。
 地味に1ドロー効果も付いているのはありがたい。


  ◆


【サイド案】
《増殖するG》
 言わずもがな、現環境において必須とも言えるようなカード。ヒロビの様なデッキではメインから投入されている。その他のデッキでもメインからの投入が増えてきている。
 相手の特殊召喚の抑制に使用。特にカラクリや聖刻、ガジェ(ブリキンギョからの展開)など、特殊召喚を多用するデッキに最適な札。
 HANZO缶に再録するので、少しは手に入りやすくなる?

《サイバー・ドラゴン》
 ガジェ、カラクリの対策カード。プリズマーの効果からキメフォを作れるので、このデッキにおいては邪魔さえされなければサイドラが何枚も入っていることになる。
 サイドラからキメフォ作るときは、相手の伏せに注意。

《トラゴエディア》
 Gからドローして攻撃力アップも兼ねている。まぁ、相手はそんなにドローさせるまで特殊召喚しないが。
 このカードは後に記述する《魔のデッキ破壊ウイルス》の種の様なもの。

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
 カラクリや聖刻、ガジェ、水精鱗メタの一枚。このカードをセットして踏んでくれると相手の場が全滅することも。

《超融合》
 ヒロビ相手の時はこのカードを追加投入。相手のカードだけで融合HEROを呼べれば2:2交換で、モンスターが一体増えるからこちらが得する。

《ソウルドレイン》
 聖刻を相手にするときの解答カード。これがあるだけで、リリース後の効果が使用できずに展開できなくなる。
 暗黒界の場合はグラファの破壊効果などを無効にできる。
 また【水精鱗海皇】において、海皇効果の対策にもなる。

《マクロコスモス》
 ツアーガイド来日によって暗黒界が増えるだろうからその対策に。
 手札を墓地に捨てて効果を発動する水精鱗の対策にもなる一枚。

《魔のデッキ破壊ウイルス》
 これを投入するときは《トラゴエディア》も投入すると安定。一応、キメフォを種にして撃てる。
 対策先はガジェとカラクリ、それと一部のヒロビ。
 カラクリに打つと、九壱九と八壱八以外はすべて死に札になる。
 ガジェは核となるカードが死ぬ。残るカードはギアフレ、フォートレス、エディアぐらい。
 一部のヒロビとは、メインからGやヴェーラーなどを投入しているタイプの事。タイミングを間違わなければとてつもないハンデスとなりうる。


 ちなみに、IN・OUTはまだ考えてない。


  ◆


【総括?】
 今期はインゼクターが規制されて大会に出てくるようなものではなくなったから、【ゲートHERO】でもなんとかなりそう。
 デッキ内容は調整されていないものなんで、あまり参考にしないように。
 DOで調整していこうかなw
 あまりメジャーなHEROデッキじゃないけど、融合しまくるこういったデッキは本当のHEROの姿だと思ってる。
 ヒロビとかヒロアラはHEROの名を借りた違う何かだと思ってる。と言ったらなんかアンチっぽいねw
 HEROは融合HEROを出しまくってこそのテーマだと思うから、この【ゲートHERO】を使い続けます。
 大会では勝ち抜けないようなデッキかもしれないけど、ガチデッキに勝てるように作っているつもり。
 《未来融合-フューチャー・フュージョン》を禁止にしたコンマイは絶対に許さないw
 まぁ、《F・G・D》選択で五体のドラゴンを墓地に置けて、なおかつ【カオスドラゴン】はそれで勝ちに限りなく近い状態になれるから仕方がないけどね。
 あれ? 《F・G・D》の禁止でよかったんじゃね?
 
 余談だけど、実はこのデッキ、レアリティをレア以上で組むことが出来るんですよねw
 しかもほとんどが光ったカードに出来るんですよw
 メインだけで考えると、このデッキの場合、《フォトン・スラッシャー》と《フュージョン・ゲート》の最高レアリティがレアという事だけで、その他は米版を駆使すればすべて光ったカードにすることが出来るというブルジョアデッキにできますw
 デッキのほとんどが光っているってロマンだと思いませんか?
 そんなお金は無いんですけどね。あったらさっさとブルジョア仕様にしていますw

 そんなわけで、以上です。
 では。
  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/226

トラックバック

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT