<< 【ヴァイスシュヴァルツ】とあるもぐもぐ軸【とある科学の超電磁砲】 | main | 【ヴァイスシュヴァルツ】これから始めるあなたへ【ルール解説】 >>

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

【ヴァイスシュヴァルツ】もぐもぐ軸デッキ内容【とある科学の超電磁砲】

ヴァイスシュヴァルツ 2014.03.25 Tuesday あっちょ

 皆様お久しぶりです。
 今更感しかありませんが、もぐもぐ軸のとあるデッキの紹介です。
 ようやく本格的に組むことができました。


 よくあるもぐもぐ軸のとあるデッキです。
 レベル1帯をコストをできるだけ使わずに勝つための構築になっています。
 
お姉さまへの憧れ 黒子  	“冥土帰し” 
 レベル0はおなじみ《お姉さまへの憧れ 黒子》などを使って手札を温存しつつ戦います。
 また、《“アイテム”滝壺》のサーチや《“冥土帰し”(ヘヴンキャンセラー)》を置いて《“パッションオレンジ”美琴》の相討ち&アンコールで戦います。

 重要なのがレベル1帯。
 《もぐもぐ春上》を使ったパワーパンプで戦っていくわけなのですが、これを安定化させる要因が《“アイテム”滝壺》です。
“アイテム”滝壺
 レベル1で使いたいのは《もぐもぐ 春上》、これは必須です。そしてアタッカーの《黒子のパートナー 初春》と《仲良しクラスメイト 初春&佐天》。
もぐもぐ春上 黒子のパートナー 初春 仲良しクラスメイト 初春&佐天
 これらはすべて【超能力】持ちなので、滝壺でサーチすることができます。この能力を使い、足りないパーツを確実に手札に持ってきて展開します。
 基本的にはもぐもぐ二枚展開時の《仲良しクラスメイト 初春&佐天》があれば常時パワー9000なので基本的には負けはありません。
 もし仮にパワーを超えてきたのなら、《ある日の休日 美琴》で返り討ちにしましょう。すべては滝壺がサーチをしてくれます。

 そしてレベル2帯。
 今回はもぐもぐ軸だけあってチェンジは初春のみにしました。屋根下のチェンジは現環境ではちょっと相性が悪いので。
 チェンジ元の絆があるので、《佐天涙子》→《“風紀委員”初春》→《水着の初春》と繋げられます。
 パワーラインはもぐもぐ1枚で常時11000、2枚で12000まで持っていくことができ、レベル2帯はこれで勝ちます。きっと勝てます。(ん?)

 レベル3になったらいわゆる屋根下ゲーです。
一つ屋根の下 美琴&黒子 “学園都市”黒子
 バーン効果で短期決戦を目指します。
 手札の調整手段として《“学園都市”黒子》を採用しました。CIP効果で2枚ドローして手札を1枚捨てます。
 さらにCX連動で今度は控え室からキャラ2枚を回収し、手札を1枚捨てます。
 単純に手札は増えませんが、これで必要なカードを持ってくることができます。
 アタッカーを用意しながら手札を減らさないで済むため、屋根下冥土帰しとの相性はいいです。

 CXの内容は信頼と安心の扉8枚構成。
 ただ、1枚くらいは1ドロー+2000にしてもいいかもしれない。

 採用に迷っているカードとしては、《“パッションパープル”黒子》です。
 レベル応援であるこのカードは、CXがトリガーでめくれるとキャラ1体にパワー+2000することができ、単純なパワー勝負には負けなくなります。
 ただ、これも採用すると後列の採用過度になってしまうし、もぐもぐだけでパワーラインは十分だと思うので現状では採用の見送っています。

 とにかくこのデッキはコスト管理が重要なので、レベル3までにどれだけコストを用意すればいいのか、また用意できるのかを見通す必要があります。
 もぐもぐのおかげでストックはたまりやすいので、あとは手札の管理ですね。
 《冥土帰し》があるので、手札の管理が難しいですね。ですが、それさえできれば勝ちが見えてくるはずです。

 以上です。
 では。
  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/232

トラックバック

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT