<< 2014年5月24日札幌地区予選 レポート(もどき) | main | ゲートHERO(H26年8月5日版) >>

久しぶりに遊戯王の話題。

遊戯王 2014.07.29 Tuesday あっちょ

 今回はくだらない話だけど許してねw

 さて、遊戯王の情報が途絶えて1年以上が過ぎました。久しぶりにCSの結果とか覗いてみたけど「クリフォートってなんぞや?」って状態で手に負えない状態にw
 ペンデュラム召喚は話題に上がった時に何となくシステムを理解しましたがそれだけで、実際にCS等の大会で上位に出てくるようなデッキの動き方とかは想像できず、大会動画とか見るのも面倒くさいのでパス。
 そもそももうやっていないから分かったところでどうしようもないのよねw

 でも、やっていなくても唯一持っているゲートHEROのデッキは最新カードを加えた状態にしておきたいな〜って思ってしまう俺なのであった。


 
 ついこの前、6月に発売されたストラクチャーデッキ『HERO's STRIKE』に入っていたカードですが、ゲートHEROに入りそうなカードは見当たらず。唯一シャドー・ミストが入るかな? って感じ。
 もしくは、ゲートとマスク・チェンジを組み合わせたゲートマスク型にするってとこかな?

 
 で、NEXT CHALLENGERSに収録されている《E・HERO ブレイズマン》ってのがゲートと相性が良いというね。まぁ、プリズマーでおk ってなっちゃうから採用するかは微妙なところ。でも、デッキに入れれば《超融合》に頼らずに《E・HERO ノヴァマスター》を自力で出せるようになるから、1枚は欲しいと思う。


  
 ところで、漫画版『遊戯王GX』の読み切りがあったなんて聞いてないぞw
 最終回の十代VS紅葉の内容が描かれていると聞いたので、見逃したことで頭を抱えている自分がここにいます。
 この記事を書いたキッカケもこの読み切り掲載を見逃したことにあったりw
 そして今見たらAmazonに在庫有りとのこと。これは買うしかないんじゃね?

 ニコニコ動画に歴代OP集の動画がランキングに上がっていて懐かしみながら画面から目を離せなくなっていました。初代(東映版とDM版の両方)とGXは特にですね。
 俺の幼少期時代に夢中になって見ていた東映版とDM版の初代遊戯王のアニメ。
 そして、カードゲームを実際にやるとなった時の全盛期である遊戯王GXは、今でもHEROデッキを持ち続けている所以でもあります。まさに青春の1ページとも言うべきですね。

 そもそも、GXのカードゲームを教える学校、という設定は俺らに無駄な妄想をさせる原因となった要素でもあります。まさに夢のような設定。通ってみたいっていう願望があふれ出しますよねw
 遊戯王の二次創作小説を読んだりするんですが、圧倒的にGXが多いってことは、みんなも同じことを考えていたんだなーってw

 熱く語ってしまいましたが、私がどれだけHEROというカテゴリを愛していて、そして遊戯王GXをどれだけ愛しているか、という証明になったんじゃないかなw

 以上で駄弁りはお終い。
 読んで下さった方がいれば、感謝の言葉を送ります。
 ありがとうございました。
  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/235

トラックバック

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT