<< 久しぶりに遊戯王の話題。 | main | 【2015年1月制限】ゲートHERO >>

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

ゲートHERO(H26年8月5日版)

遊戯王 2014.08.05 Tuesday あっちょ

 
 とりあえず久しぶりにADSを起動して、改めて組んでみた結果がこちらです。
 正直、調整は甘すぎて話にならないレベル。というか、周りのデッキの進化にゲートが追い付けていない感バリバリあったね。
 やっぱ時代遅れのデッキなのかな・・・とショックを受けた私でありました。

 さて、デッキレシピを書きましょう。

【ゲートHERO】(メイン:41枚)
モンスター(12枚)
《E・HERO アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》
《E・HERO エアーマン/Elemental HERO Stratos》
《E・HERO ネオス/Elemental HERO Neos》*2
《E・HERO バブルマン/Elemental HERO Bubbleman》*2
E・HERO ブレイズマン/Elemental HERO Blazeman》
《E・HERO プリズマー/Elemental HERO Prisma》*3
《E・HERO ボルテック/Elemental HERO Voltic》
《フォトン・スラッシャー/Photon Thrasher》
《ペンギン・ソルジャー/Penguin Soldier》

魔法(19枚)
《E−エマージェンシーコール/E - Emergency Call》*3
《大嵐/Heavy Storm》
《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》*3
《サイクロン/Mystical Space Typhoon》*2
《増援/Reinforcement of the Army》
《超融合/Super Polymerization》*2
《フュージョン・ゲート/Fusion Gate》*3
《ブラック・ホール/Dark Hole》
《ミラクル・フュージョン/Miracle Fusion》*3

罠(10枚)
《神の警告/Solemn Warning》
《神の宣告/Solemn Judgment》
《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》*3
《ヒーロー・ブラスト/Hero Blast》*3
《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》*2

エクストラデッキ
《E・HERO アブソルートZero/Elemental HERO Absolute Zero》*2
《E・HERO エスクリダオ/Elemental HERO Escuridao》
《E・HERO ガイア/Elemental HERO Gaia》
《E・HERO Great TORNADO/Elemental HERO Great Tornado》
《E・HERO The シャイニング/Elemental HERO The Shining》*3
《E・HEROテンペスター/Elemental HERO Tempest》
《E・HERO ネオス・ナイト/Elemental HERO Neos Knight》
《E・HERO ノヴァマスター/Elemental HERO Nova Master》
《ダイガスタ・エメラル/Daigusto Emeral》
《鳥銃士カステル/Winged Skyblaster Castel》
No.101 S・H・Ark Knight/Number 101: Silent Honor ARK》 
《H-C エクスカリバー/Heroic Champion - Excalibur》

サイドデッキ
《増殖するG/Maxx “C”》*3
《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》*2
《超融合/Super Polymerization》
《王宮の号令/Royal Command》*3
《聖なるバリア−ミラーフォース−/Mirror Force》*2
《マクロコスモス/Macro Cosmos》*2

【デッキ総数41枚に関して】
 まぁ、ただ単に引きたくないカードがあるっていうことが要因です。
 ネオスは素引きしたくないので41枚になっています。サーチに関しては豊富なので、デッキの回りはさほど問題になりません。
 

【モンスターについて】
 結局のところ、《E・HERO シャドー・ミスト》は不採用になりました。
 手札に来た時の仕事があまりにもなく、ただの事故要因となってしまったので伝説の不採用通知を送りました。
 ただでさえネオスが手札に素で来ると困るのに、更に事故要因増やしてどうしろと。

 《E・HERO ブレイズマン》はなんやかんやで仕事してました。
 攻撃力をコピーできるので、ネオスの2500打点をいきなり叩きだすことができるのは少し強かったです。ただ素のステータスが低いせいで場持ちが悪くて大して仕事しないこともしばしば。もしかしたら不採用になるまである。

 《ペンギン・ソルジャー》に関しましてはただの趣味です。ただ単に好きなだけですw
 でも能力は強いんだからいいじゃないw
 最近ではエクストラからモンスターを出すことが基本になってきているので、普通にアドが取れたりと仕事はすごくしてくれます。効果を使い終わって墓地に行ったらアブソルートZeroの素材になったりと、まさに万々歳なカード。

【魔法について】
 《死者蘇生》は不採用になりました。やっぱり使うタイミングがこのデッキでは限られているのと、もっと他に優先すべきカードがあるという事が理由ですね。
 このゲートHEROってデッキは《死者蘇生》が不採用になる珍しいデッキなのかもしれない。

 そして《フュージョン・ゲート》は3枚採用しました。
 理由としてはデッキ総数を41枚にしたこと、そして2枚だと中々手札に来てくれずに打点不足になることが多かったからです。
 今まで散々3枚だと手札にかぶって事故要因になると言ってきてこの様ですよw
 まぁ、被ったら《超融合》のコストにしましょう、ってことですね。

【罠について】
 特に語ることはないけど、《奈落の落とし穴》がペンデュラム召喚の登場で対策カードの筆頭になりましたよね。クリフォートの回し方とかYoutubeで解説動画見たけど結構エグイですね。
 倒しても倒してもエクストラに行っていくらでも復活するし。
 だからダーク・ロウがどんなデッキでも入る出張カード筆頭になっているのも頷ける。ツールのサーチ効果に対応してハンデス。そして相手だけマクロコスモスの効果でエクストラに行かせずに機能停止に追いやる。
 まさにクリフォート相手に使ってね、って言っているようなカードですね。
 あれ、これって罠カードに関して書くところだったはずなのにw

【エクストラについて】
 融合モンスターに関してはいつものです。ここに関しては変更点はありません。
 エクシーズは色々と変わりました。

 
 これは何だ(驚愕)
 となるほどに強い効果しか書いてなかった。さすが市場価格2000円以上のトップレアだけはあります。万能除去過ぎて、場持ちが良すぎてヤバい。
 エクシーズ素材を2つ取り除き、相手のモンスターを1体をエクシーズ素材として取り込む。そしてそれを使って1回だけ破壊耐性を持つことができる。
 ランク4エクシーズができてこのカードを採用しないことってあるんでしょうかね?

 
 No.101 S・H・Ark Knight》と同時に採用できるなら採用したい。
 それがこのカステルです。仕事としては被るところがあるのですが、こちらはデッキに戻すので墓地に送りたくない場合はこっち、って感じですね。

 あとはダメージソースのエクスカリバーとダイガスタエメラルです。
 こちらも前から採用していたので特にありません。

【サイドデッキ】
 案の定、基本使わないので適当ですw
 あまり参考にしないでね。
 シャドールとかクリフォート、M・HEROに対応できるようにした結果だけどどうだろうか。マッチ戦に関しては素人なので全然分かりません。すみません・・・。

【最後に】
 久しぶりにやると面白いですねw
 知らないカードが増えて困惑しまくってますけど、それが結構楽しかったりします。
 ニコニコ動画に遊戯王が公式配信されるということで久しぶりに復帰した組な俺ですが、次の更新はいつになることかw
 まぁ、またゲートHEROに関してになると思うけどねw
 ていうかゲートHEROしかもうデッキを理解していて記事を書けるレベルに達せないという理由もあります。他のデッキはまったく分からないのでw

 こんな感じです。
 では。
  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/237

トラックバック

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT