<< 【シャドウバース】ローズクイーンの可能性【テンポエルフ】 | main | オネスティ・ネオス採用型ゲートHERO >>

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

【シャドウバース】Tier1『超越ウィッチ』【解説】

シャドウバース 2016.10.15 Saturday あっちょ

 どうも、BP25000台から負け続けてBP23000台まで下げたRaybrigです。
 この調子でA2へ行ってやろうと意気込んでいたら唐突に勝てなくなってA0まで下げた阿呆ですが何か?

 なぜか不利マッチし続けるマッチングシステムにキレつつ、比較的不利マッチが少ないデッキを作りました。
 貯めてたエーテルはもうカツカツ。
 だって、《マーリン》が3枚に《次元の超越》を1枚作ったんだよ? これだけで計11,300エーテル使ったよ……。

 そう、今流行りの【超越ウィッチ】です。

 

超越ウィッチ(デッキ名クリックでシャドウバースポータルへ飛びます)

 

 

■超越ウィッチとは?


 軽いスペルカードや《マーリン》を使い、スペルブースト効果により《次元の超越》と《フレイムデストロイヤー》を軽量化。
 この2枚のカードを連打して1ショットキルするデッキです。

 それに至るまで、豊富な除去カードと防御カードによって時間を稼ぎます。

 不利マッチは、除去が間に合わなくなるくらい展開してくる『ロイヤル』です。
 そのほかには比較的五分以上で戦える感じ。

 

 


■キーカード
《次元の超越》

スペル

このターンのあと、自分の追加ターンを行う。

スペルブースト コスト-1

 

 このカードがないと始まらない。
 一応《マーリン》によるランダムなサーチとドロー効果付きのスペルは豊富だから、手札に持ってこれないことはほとんどないけど、運がなくて手札に持ってこれなかったら負ける。これ以外に勝ち筋がないからね。
 初期コストは18で、《フレイムデストロイヤー》と同時に出せるくらいのコストまで軽量化するのが目標。

 


《フレイムデストロイヤー》

効果

スペルブースト コスト-1

 

 以前は《ルーンブレードサモナー》を使って相手をキルしていたけど、スペルブーストできていないとゴミ札にしかならないし、コストが下がらない点がこちらが採用された理由だと思う。
 進化しなくても7点の攻撃力を持っているし、超越で2〜3回攻撃できるから火力も十二分。

 


《マーリン》

進化前 3/2
ファンファーレ スペルブーストを持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
攻撃時スペルブースト する。
進化後 4/3
進化時スペルブーストを持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
攻撃時 スペルブースト する。

 

 出してスペルブースト持ちのカードをランダムにサーチして、進化すると更にスペルブースト持ちのカードをランダムにサーチ出来る。このカード1枚から最大2枚のカードを生み出せると考えれば破格の性能。
 しかも、攻撃時はスペルブーストする効果付き。
 入らない理由は見当たらないね。

 


《古き魔術師・レヴィ》

効果

進化時 紅蓮の魔術1枚を手札に加える。

 

《紅蓮の魔術》スペル
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

 

 進化時に《紅蓮の魔術》という1コストの3ダメージスペルを手札に加える効果を持っており、ドラゴンの《ドラゴンウォーリア》と同等の効果を持っているみたいなもの。
 しかし進化権は《マーリン》に使いたいところもあるので、採用は2枚。
 盤面が押されている状況ならこっちの進化を優先かな。

 

 


■メタカード
《変成の魔術》

スペル
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つをクレイゴーレムに変身させる。
土の秘術 変身ではなく消滅させる。

 

 『エイラビショップ』を殺すスペルカード。あと時々冥府デッキも殺す。
 ドラゴンなどのファッティフォロワーをクレイゴーレムにできるのも見逃せない。
 元々ビショップには有利気味だけど、流行っているから勝ちを確実にするために投入。

 


《氷像の召喚》

スペル

フリーズゴーレム1体を出す。

 

《フリーズゴーレム》5/5
守護
このフォロワーは攻撃不能。相手のターン終了時、このフォロワーは破壊される。

 

 『ダークネス・エボルヴ』で登場したスペルカード。
 1ターンのみ5/5の守護フォロワー《フリーズゴーレム》を作り出す。
 このカードの登場によって超越発動までの時間稼ぎがしやすくなりました。
 あと1ターン耐えれれば超越でキルまで持っていけるな、という場面で使うこのカードは非常に強力。
 そういう場面は少なくない。
 エルフの《リノセウス》やドラゴンの《ダークドラグーン・フォルテ》を止められるのも高評価。

 


《ファイアーチェイン》

スペル

ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを1回 行う。

スペルブースト +1回

 

 せめてもの『ロイヤル』への対策カードとして採用。
 うまくスペルブーストできていれば《海底都市王・乙姫》の5体展開をこれ1枚での対応も可能。
 また、【テンポエルフ】相手の対策カードとしても機能するので重宝してます。
 ただ、引いてすぐに使えないのが難点。
 最近は対策されすぎてエルフが減ってきてるから《ファイアーチェイン》にしてるけど、環境次第で《エンジェルバレッジ》と入れ替え。

 

 

■最後に
 【テンポエルフ】は流行りすぎて、最近は当たり前にように《エンジェルバレッジ》が飛んでくる。
 だから逆にエルフが減ってきている気がします。最近は超越ウィッチとばかりマッチするし、【御旗ロイヤル】とか使った方がいいかもしれないと考えてる。


 現在最速のデッキだし、環境で出てくるファッティの守護カードもエルフの《エンシェントエルフ》と《クリスタリア・イヴ》くらいだから、エルフが減ってきている今は使い時かもしれない。
 ただ【秘術ウィッチ】もよく見るから、コレに当たったら勝てないので素直にリタイアするしかない。
 《ガーディアンゴーレム》が並んだら突破方法が見当たらない。

 

 環境を読むのは非常に大事だし、ウィッチ流行っているのにビショップやエルフ使い続けた結果がBP2,000以上も下げるという悲劇に繋がってるからね……。
 だからこっちも【超越ウィッチ】使ってやろうと思ったし、それに対する対抗デッキも用意しておかないといけない。
 クソみたいなメタの張り合いを要求されるのがランクマッチだから仕方が無いね。

 

 とりあえずはBP25,000台に戻してA2が見えるところまで駆け上がろうと思います。
 では。

 

JUGEMテーマ:ゲーム

  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/252

トラックバック

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT