<< 【シャドウバース】Tier1『超越ウィッチ』【解説】 | main | 新環境直前なのでテンポエルフ晒します >>

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

オネスティ・ネオス採用型ゲートHERO

遊戯王 2016.10.23 Sunday あっちょ

 

ついに《E・HERO ネオス》がリストラ……!

 

 ということで、《E・HERO オネスティ・ネオス》の情報が出て歓喜しているゲートHERO使いです。
 最近はもっぱらシャドウバースに夢中なのですが、このカードの情報でちょっと遊戯王熱が再び来た感じです。
 でも、もう最近の環境がわかりません。ABCが強くてKozmoが強くてメタルフォーゼとかいうペンデュラム融合テーマが強いということくらいしか分からない。そのデッキがどういう動きをするのかも分からない。

 まぁ、そんな勝負はガチガチな環境では戦おうと思わないのでいいですが。

 今回もゲートHEROの紹介です。
 妄想構築でしかないので、あまり強くないかも。


【オネスティゲートHERO】(メイン:41枚)【赤字:制限 青字:準制限】
モンスター(16枚)
《E・HERO アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》*3
《E・HERO エアーマン/Elemental HERO Stratos》
《E・HERO オネスティ・ネオス/Elemental HERO Honesty Neos》*2
《E・HERO シャドー・ミスト/Elemental HERO Shadow Mist》
《E・HERO バブルマン/Elemental HERO Bubbleman》*2
《E・HERO ブレイズマン/Elemental HERO Blazeman》*2
《E・HERO ボルテック/Elemental HERO Voltic》
《クリバンデット/Kuribandit》*3
《召喚僧サモンプリースト/Summoner Monk》
《ブリキンギョ/Tin Goldfish》
《マスマティシャン/Mathematician》*2


魔法(16枚)
《E−エマージェンシーコール/E - Emergency Call》*3
《増援/Reinforcement of the Army》
《超融合/Super Polymerization》
《ハーピィの羽根帚/Harpie's Feather Duster》
《ヒーローアライブ/A Hero Lives》*2
《フュージョン・ゲート/Fusion Gate》*2
《マスク・チェンジ/Mask Change》*2
《ミラクル・フュージョン/Miracle Fusion》*3
《融合/Polymerization》


(6枚)

《神の警告/Solemn Warning》
《神の宣告/Solemn Judgment》
《ヒーロー・ブラスト/Hero Blast》*2
《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》*2


エクストラデッキ
融合(11枚)
《E・HERO アブソルートZero/Elemental HERO Absolute Zero》*2
《E・HERO Great TORNADO/Elemental HERO Great Tornado》
《E・HERO The シャイニング/Elemental HERO The Shining》*3
《E・HERO ノヴァマスター/Elemental HERO Nova Master》
《M・HERO アシッド/Masked HERO Acid》
《M・HERO カミカゼ/Masked HERO Divine Wind》
《M・HERO 光牙/Masked HERO Koga》
《M・HERO ダーク・ロウ/Masked HERO Dark Law》
エクシーズ(4枚)

《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング/Number S39: Utopia the Lightning》

《No.39 希望皇ホープ/Number 39: Utopia》
《ダイガスタ・エメラル/Daigusto Emeral》
《励輝士 ヴェルズビュート/Evilswarm Exciton Knight》


 マスマの準制限化と、オネスティ・ネオスの登場で《E・HERO ネオス》のスペースを確保できずリストラ。
 これによりエクストラからネオス・ナイトが必要なくなり、エクストラのスペースが一枠空きました。


 さらにエクストラ参照の効果を持っているプリズマーも必然的にデッキから抜け、ブレイズマン主体で墓地肥やし。
 光属性HEROの枚数が足りなくなるため、アナザーが3枚になってオネスティのサポートと相性が良いボルテックが久しぶりにデッキに入りました。

 

 そしてゲートHEROは魔法カードに頼って火力を出すため、《クリバンデット》を採用。
 これで《フュージョン・ゲート》《ミラクル・フュージョン》《マスク・チェンジ》《超融合》のどれかを持ってきたい。

 


■E・HERO オネスティ・ネオスによる火力の変化
 このカードが手札にあるだけで火力+2500になるのでキル範囲が増えた可能性がある。

 

●エアーマン→サーチオネスティ
 情報が出たときに話題になった一番に考えるであろう組み合わせ。
 これだけで1800+2500=4300
 更にマスク・チェンジでカミカゼを出すことが出来れば更に+2700で7000打点。
 8000には届かないものの、エアーマンとマスクチェンジの2枚で7000もの火力出せるのは大きいと思う。

 

●ダイガスタエメラル→アナザーネオス蘇生+オネスティ
例1
サモプリNS(ブリキンギョNS)効果→シャドミスSS→ダイガスタ・エメラルSS効果でシャドミス墓地オネスティサーチ→アナザーネオス蘇生
1800+1900+2500=6200

 

例2
サモプリNS(ブリキンギョNS)効果→シャドミスSS→マスク・チェンジサーチ→ダイガスタ・エメラルSS→アナザーネオス蘇生→アナネオ素材にマスクチェンジ光牙SS+オネスティ
1800+1900+2500+2500=8700

 オネスティが手札にあること前提。
 そういう状況なら、シャドミスでマスク・チェンジをサーチすれば8000オーバーの打点なため、相手の場が空ならワンキルできる状況になる。

 

●ゲートかミラクルフュージョンでシャイニングSS→マスクチェンジ光牙SS+オネスティ
3200+2500+2500=8200

 今まではネオスを何らかの方法で場に出せば+2500の火力になっていたけども、召喚するよりも簡単なサーチなどで手札に加えるだけで今までと同等の火力を加算できるのは革新的だと思う。
 この流れが出来れば8000オーバー。


 他にもいろいろあるけど、とりあえずオネスティが手札にあるだけで火力が2500増えるということ。
 あと、シャイニング召喚時にオネスティ素材にすれば回収のチャンスもある。
 相性はとんでもなく良いはず。

 

 それと、前回の記事でも採用してた《融合》の採用だけど、ブレイズマンがいるからこそのカードだよね。
 ブレイズマン1枚とHERO1枚の2枚で融合HERO出せると考えれば使い易く感じる。
 墓地肥やしか融合サーチは1ターンにどちらか片方しか発動できないから注意だね。

 

 罠の構成とかエクシーズの4枚はまだまだ再考の余地ありだと思う。

 

 そんな感じで、今回はここまでかな。
 『20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE』で更なる新カードでゲートHEROが強化されればと思います。
 オネスティ・ネオス1枚で結構な変化がありましたし、ワクワクが止まりません!
 それでは。

JUGEMテーマ:ゲーム

  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/253

トラックバック

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT