<< 新環境直前なのでテンポエルフ晒します | main |

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

【TOG環境】手帳ネフティスネクロ【解説】

シャドウバース 2017.06.11 Sunday あっちょ

 TOGが実装されてから常にトップメタに君臨し続けた【ミッドレンジネクロ】と【ランプドラゴン】

 ですが、《骨の貴公子》《風読みの少年・ゼル》《ライトニングブラスト》がナーフされ環境が落ち着きを取り戻しました。


さすがに今回のこれらのパワーカードはやりすぎた感じは否めません。

 【ランプドラゴン】のゼル+ウロボロスの疾走コンボで11点の直接ダメージが出せるのが大問題で、ドラゴンの特性上PPブーストによって10PPの到達は他リーダーに比べて遥に安易に出来てしまいます。
また《ライトニングブラスト》という最悪の盤面リセットカードで様々なデッキの機能を死滅させていました。

 

 コレに対抗する【ミッドレンジネクロ】は《骨の貴公子》による盤面維持能力と高い墓地肥やし性能。

 そしてフィニッシャーとなる《魔将軍・ヘクター》のゾンビ展開からの2点バフで盤面を取りながらライフに大ダメージを与える展開力と高い火力。
展開力に定評のあったロイヤルをも超えた《骨の貴公子》による展開力他のデッキを寄せ付けぬ決着力を持っていました。

 

 今回のナーフでドラゴンは大幅に弱体化し、ネクロマンサーも4コストという使いにくさで《骨の貴公子》を使わないデッキ構築が流行ってきている今日この頃。

 前書きが長くなってしまいましたが、環境が回りだして様々なデッキがランクマッチで見る中、ネクロマンサーデッキで注目され始めたデッキ――。

 

 それが【手帳ネフティスネクロ】です。


■デッキレシピ
【手帳ネフティスネクロ/Ledger Nephthys Shadow】

ソウルコンバーション/Soul Conversion》*2

死霊の手/Ghostly Grasp》*2
消えぬ怨恨/ Undying Resentment》*3

ゾンビパーティ/Zombie Party》*3

闇の従者/Attendant of Night》*3

ソウルハント/Soul Hunt
腐の嵐/Foul Tempest》*2

怨嗟の声/ Voices of Resentment》*2
冥府神との契約/Pact with the Nethergod》*3

地獄の解放者/Hell's Unleasher》*3
死神の手帳/Death's Ledger》*3

氷獄の呼び声/Call of Cocytus
死の祝福/Death's Breath》*3

冥守の戦士・カムラ/Underworld Watchman Khawy》*3
デュエリスト・モルディカイ/Mordecai the Duelist》*3

ネフティス/Nephthys》*3

 

Cost1:4 Cost2:6 Cost3:11
Cost4:6 Cost5:1 Cost6:3
Cost7:3 Cost8:6

 

FOLLOWER:15 SPELL:22 AMULET:3
 
Create: 23,450

 

■概要
 比較的安定性があるように作った【手帳ネフティスネクロ】です。
《死神の手帳》という展開と墓地肥やしを同時にできるカードがTOGで追加され、ドラゴンの《ライトニングブラスト》がナーフされたことにより、真価を発揮できるようになりました。
 現状の環境を鑑みるに、《ライトニングブラスト》の全体消滅がいかに罪深い効果だったかが分かると思います。

 

 デッキのエンジンたる《死神の手帳》をようやく有効に使えるようになった現環境で、それを有効に使うには出てくるフォロワーを固定し、《リッチ》の展開という役割にだけデッキリソースを割くことで『安定』を求めることが一番だと考えました。

 

 デッキ内のフォロワーが全5種全15枚という極端に少ない構築ですが、それがランダム性の高い《死神の手帳》や《ネフティス》の効果からランダム要素をなくすために必要なことでした。
 その代わり、スペルからフォロワーを展開または補充する術を無理なく入れれるのでフォロワー不足を感じることはありません。

 この手のコントロールデッキはしっかりとした目的を持った構築にした方が動きも安定し、勝率も安定することになると思います。
 今回は少し尖った構築になりましたが、安定感も損なわれていない感じに仕上がったと感じています。

 


■基本戦術
 かつてのネフティスネクロに《死神の手帳》を加え、中盤のフォロワー展開も強化したデッキです。


 また、《ネフティス》を出したときの展開もデッキの構成上《ネフティス》《デュエリスト・モルディカイ》《リッチ》《リッチ》となり、決定力も高まりました。

 


●死神の手帳による影響
 《死神の手帳》は2ターンの間ターン終了時にデッキからPP最大値以下のフォロワーをデッキから場に出してそれを破壊するアミュレットカード。
 これから出てくるフォロワーを《闇の従者》と《地獄の解放者》に固定するため2コスト以下のフォロワーを採用していません。(8PP時でカムラ、9PP時でネフティス、モルディカイも出てきます。

 手帳さえ置くことが出来れば、手札の状況に関わらず4/4フォロワーが出てくる。


 これは相手にとって脅威です。

 

 進化権を切らざるを得ない状況に持っていき易く、こちらは手帳から展開される《リッチ》と手札の除去カードにより対応することで、ゲーム後半まで進化権を温存できます。
 この進化権の有無は非常に大きく、いわゆる詰みの状況に持っていき易くなります。


●苦手とするアグロ対策
 除去札を引き入れ、ある程度相手の展開を抑制出来た場合に限り、4ターン目に《死神の手帳》を置ければ、6ターン目には3〜5の墓地を肥やせますので、4PP時に手帳を置ければ対策カードを最速で使うことが出来ます。
 とどのつまり、《死神の手帳》は墓地肥やしと展開の両方ができるエンジンとなりえるカードということです。


 アグロ系のデッキと戦う場合は、対策札である《腐の嵐》と《死の祝福》のこともあるのでネクロマンス6を意識しなければなりません。ですから手帳を最速で置くのはとても大事なことと言えるでしょう。


●全体的な流れ
―盤は除去カードで凌ぐ。


■苅丕个ら手帳を使って《リッチ》を展開しつつ墓地肥やし。

アグロ相手にはネクロマンス6で対抗札を使う。


ぃ牽丕个如團優侫謄ス》を出してモルディカイとリッチを並べる。

 

 カムラで大型を除去して回復して、5/5が2体、4/4が一度に2体出てくるのは対処法が限られます。
場が空なら《ネフティス》で確実に同じ盤面を作れるのが非常に強力です。

 


■メタゲーム
 【手帳ネクロ】はコントロールデッキなので、疾走を利用するデッキには弱いといえるでしょう。
 最近の流行では【疾走ドラゴン】や【復讐疾走ヴァンパイア】でしょうか?
 残りライフに気をつけつつ、《死の祝福》や《冥守の戦士・カムラ》の守護を中心とした盤面コントロールで追い詰めるのが対策方法になるでしょう。

 

 また初手によっては【アグロネクロ】などのアグロデッキにも轢き殺されてしまいます。
 2コスト除去カードを引き入れ、《闇の従者》などの相手の盤面に影響を与えれないカードを引き入れず、相手の横展開を許さなければ勝算はあります。微不利〜不利といったところでしょうか。

 

 圧倒的に不利なのは【ガエルロイヤル】という《旅ガエル》を使ったデッキ。
こちらには潜伏への対抗札が少なく、何も出来ずに負けることが多いです。
 進化し強化された《旅ガエル》を唯一除去できるカードが《冥守の戦士・カムラ》のみというのは厳しいものがあります。

 

 しかし、それ以外には五分以上で戦えているイメージです。
 やはり2コストに《ゾンビパーティ》という使いやすい除去カードが追加されたのが地味に大きい。
 これにより2コスト以下のフォロワーを採用しなくても序盤を凌ぎ易くなり、アグロ系デッキにも轢き殺されにくくなりました。

 


■マリガン
 マリガンはどのデッキに対してもほぼ同じで、そんなに難しく考えなくても良いです。

 

 《ネフティス》は序盤の除去が心配要らないなら基本的にキープします。

 また、デッキのエンジンたる《死神の手帳》は必ずキープです。

 アグロが予測されるなら2コスト除去をキープ。

 同じコントロール系が予測されるなら《ネフティス》や《死神の手帳》など、重めのカードだけになっても思い切ってキープしても良いと思います。

 

 《闇の従者》は《ソウルコンバーション》と抱き合わせで始めて機能するので、基本的にはデッキに返すカードです。そもそも《死神の手帳》から《リッチ》を出すためのカードでもあるので、手札に抱えても意味がありません。

 

 

■基本カード以外の解説
 各種除去カードや《闇の従者》《地獄の監視者》《死神の手帳》や《ネフティス》といったデッキのコンセプトとなる基本カードの解説は省略させていただきます。

 

《死霊の手》


 1コストという序盤における取り回しの良さと、《ネフティス》の使用で余るほどの墓地を上手いこと有効に消費できる点で採用。
 エンハンス効果ではない体力1のフォロワーの除去は一見使いにくく感じます。
 他のカードと組み合わせて2:1交換というディスアドバンテージとなる使い方もします。
 が、しかし、《死神の手帳》と《ネフティス》が作り出すアドバンテージで簡単に取り返せるので問題ありません。

 

《ソウルハント》


 早い段階でネクロマンス6に到達するための除去カードとして採用。
 このカード使用で墓地が+2されます。

 入れ替え候補。

 

《腐の嵐》

 対アグロ用AoEカード。ネクロマンサーにおける全体除去カードで使いやすいのはこれくらいです。
 まだまだトップメタに君臨するアグロネクロにはこれがないと轢き殺されることが多くなります。
 ネクロマンスを6にするために《死神の手帳》などを使う必要があるのが難点。

 

《怨嗟の声》


 アグロ対策の札でもあり、エンハンス8で《ゴースト》が『必殺』持ちになるので対大型フォロワーにも対応できる素敵なカードです。
 また《ファントムハウル》と違い、ネクロマンスを消費しないので序盤でも使いやすいの良い!

 

《氷獄の呼び声》


 5コストのフォロワー確定除去カードですが、極端にフォロワーを少なくしているこのデッキにおいてフォロワー補充の役割をこなすことができるので入れてみました。
 8コストのエンハンス使用で手札に加わる《サタンズサーヴァント》の13/13のスタッツは相手に除去を強要する非常に強力なフォロワーです。相手に除去手段がなければそのまま勝つこともできる裏切り札的存在です。
 この枠は入れ替え枠でもあります。

 

《死の祝福》


 対アグロカードその2
 2/3守護3体はアグロやエルフのリノセウスコンボの抑止力になります。
 これも発動タイミングまでにネクロマンスを6にするのが課題です。

 


■注意すべきプレイング
1.モルディカイに対する消滅ケア
 たしかに《デュエリスト・モルディカイ》は倒されてもラストワードで復活する無敵のフォロワーですが、その対策として消滅させることがありました。


 現環境において『消滅』を使用してくる主なリーダーは【ドラゴン】と【ビショップ】です。
 ドラゴンは《ライトニングブラスト》がありましたが、ナーフされたことによって採用されないことも多くなり、あまり気にしなくとも2枚目以降のモルディカイを使用することで戦線を維持できることが多いです。

 ですが、ビショップ相手はそう簡単にはいきません。(《破滅の光》という無条件の消滅除去がありますが、採用されることが稀なのでこれは考慮しません)


 ここでポイントになるのが体力3という数値。
 よく採用されている《漆黒の法典》も《鉄槌の僧侶》も《苦罰の審判者》も、全て“体力3以下を消滅”させる効果。
 ビショップ側もコチラの動きからモルディカイのケアをするために『消滅』効果を手札にキープしてモルディカイに当ててこようとするはずです。


 ならば、モルディカイの体力を3以下にしないように盤面のコントロールをする必要があります。
 幸い、ビショップはフォロワーにダメージを与えるカードは少なく、気をつける動きは《ダークジャンヌ》+《漆黒の法典》の動き。
 その動きのケアのため、盤面を全除去しつつモルディカイを進化して体力7にしておくのは良くやるプレイングです。
 ビショップ側の進化権がなければ、そのまま押し切ることも可能です。


2.残り体力からリーサルを予測する
 除去スペルを使った後出しで対応していくのがこのデッキの特徴ですが、それゆえに疾走フォロワーは苦手としています。
 エルフの『リノセウスコンボ』や、ドラゴンの大型疾走フォロワー、ヴァンパイアの花澤香菜こと《ダークジェネラル》やロイヤルの《レヴィオンセイバー・アルベール》よる疾走ダメージによって決着がつくかどうかを予測して動く必要があります。
 《ネフティス》では守護フォロワーを出すことが出来ないので、状況によっては手札に握っていても出せない。出したら逆に相手のリーサル……だなんてことは良くあることです。
 PPから、最大何点ダメージを受けるのかを考える必要があります。


3.アグロに対する死神の手帳の扱い
 除去札を引けず相手に展開を許してしまった場合は、4PP時に《死神の手帳》を置いてターンを終えることは自分の首を絞めていることになります。
 テンポアドバンテージは完全に相手に持っていかれており、除去が間に合わず押し切られるパターンを何度も経験してきました。
 いかにダメージを減らせるかを考えた札を切っていくことが大事なプレイングとなります。

 


■最後に
 もう少しで『ワンダーランド・ドリームズ』の発売で、TOG環境は終わりを迎えます。
 正直今回は酷かったと言わざるを得ません。
 『コストパフォーマンス』の概念をぶっ壊したカードの数々は、環境を荒らし、ランクマッチにおいてマッチングするデッキタイプが僅か2つにほぼ固定される異常事態でした。


 特に酷いと思ったのは、2枚のカードで出来てしまう『ゼル疾走付与ウロボロス11点コンボ』
 様々なデッキを死滅させるに至った相手だけ全体消滅『エンハンス10ライトニングブラスト』
 エンジェルバレッジ4枚+2/3守護で15コスト相当の『エンハンス10グリームニル』
 つまりドラゴンのことですね。


 PPブースト、回復、ドロー、全体除去、消滅、直接ダメージ、疾走、その全てが無理なく入り、PPブーストさえ上手くできればほぼ負けず、ミラーマッチでは疾走コンボを先に決めたほうが勝つクソゲーでした。

 ミッドレンジネクロも環境トップでしたが、まだ対策方法があっただけマシでした。
ドラゴンは完全に手札事故待ちで相手してましたからね。

 

 現在、新カードの紹介が順次行われていますが、実際全てのカードが判明するまで何が起こるか分からないのがシャドウバースですよね。
ネクロマンサーなんかTOG発売前は見向きもれててなかったのに、全カードが判明して《骨の貴公子》の効果がシャドウリーパーやヘクターとの相性の良さもあり環境トップになる結果を残しました。

 さて、次はどんな環境になるのか、期待と不安を抱えながら待とうと思います。

 

JUGEMテーマ:ゲーム

  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- 2017.06.11 Sunday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://g-project.jugem.jp/trackback/255

トラックバック

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

OTHERS

COUNTER
ブログパーツUL5
WS DECK LISTS
RECENT COMMENT